ユリシス・オーエンス、圧巻のドラムソロ

台風接近で、開催がむつかしいかなと心配だった8/30。吉祥寺・サムタイムでNew Century Hazz Quintetのライブに予定通り出かけました。IMG_0611
Quintetなのに6人います。
今回はUlysses Owens Jr. (ds), 大林武司 (p), 中村恭士 (b), Benny Benack (tp), Tim Green(as)がレギュラーメンバー。トロンボーンのMichael Dease (tb)はスペシャルゲストと言うことで六人でした。
IMG_0601

最初から最後まで、息をもつかせぬ演奏・・・。実にエキサイティングな時間を過ごしました。
ニューヨークの第一線で演奏する人たちのレベルの高さを見せつけられたようなものです。
特にUlysses Owens Jr. のドラムは素晴らしい。繊細さとダイナミックさを兼ね備えており、エルビン・ジョーンズ、トニー・ウイリアムズ、ジャック・ディジョネットなどと共にジャズの歴史に名を刻むにふさわしいと・・・。

大林武司(p)、中村恭士(b)は報道ステーションのオープニングテーマを担当


2016年4月11日からリニューアルした「報道ステーション」。
この番組テーマ曲を演奏したのは番組のためだけに結成されたスペシャルジャズバンド「JSquad」とのことだが、先に述べた二人が入っています。

大林武司(p)、中村恭士(b)の二人、ライブで見る限り実にエネルギッシュな印象です。

特にベースの中村恭士のベースソロは、全身を駆使してのような動きの豪快な演奏で圧倒されます。
また、ピアノの大林武司の奏でるフレーズは、素晴らしく圧倒される瞬間が随所にあるように思います。
このお二人、先々、いっそう高い評価を得ること間違いなしの逸材と思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です