ゆうメール「規格外」の影響について

前回のエントリーでは、ゆうメールの価格改定の影響について記しました。
5000点を超える書籍の扱いがある訳ですから、「規格外」に相当するものをピックアップするのも後回しになりがち。そんな状況に更なる追い打ちが・・・
出品終了価格は100円。実は在庫が二冊、残りは1000円程度の価格で再出品。
新版が出ていたり1円の出品も多数あるので、デッドストック化するのは必至かもしれません。

数少ないコミックにも対象が一冊。これにつきましては出品終了としてしまいましたが・・・。
出品商品のメンテナンスはしっかりしておかないと・・・反省の日々です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です