ネット販売の際のユーズド書籍、状態表記のポイントは?

アマゾンのマーケットプレイスで古本を販売するにあたって、大事なポイントに状態表記が有ります。

アマゾンには状態表記のガイドラインがあります

ちょっと引用が長くなりますが、下記のようなコンディションガイドラインがあります。

  • ほぼ新品
    ほとんど読まれた形跡がない完全な状態の商品。書き込みや折り目などがカバー、ページに一切ない状態。ギフトにも適している商品。
  • 非常に良い 使用されているが、非常にきれいな状態の商品。ページも完全な状態で、書き込みや線引きがない商品。背表紙にも傷がない商品。
  • 良い
    使用されていても、きれいな状態の商品。ページやカバーは完全な状態で(カバーがついている場合はカバーも含む)、背表紙に多少の傷が見られる商品。半分以下のページに書き込みや線引きがある商品。蔵書印が付いている商品。

  • 文章が問題なく読める状態の商品。ページやカバーに傷などがなく(カバーがない場合も可)、ページにはペンやマーカーでかなりの書き込みや線引きなどがあっても、その書き込みや線引きによってテキストが読めないほどではない商品。付属品が紛失している商品。(付属品とは、従来の商品から付属しているもの。特典とは異なり、付属品の有無でISBNを付与することはありません。例:CD付き書籍等。注意:付属品のみの販売はできません。)製本状態にない商品もしくは製本されていない商品については、ページ数が不足していなく、文章が問題なく読める状態の商品。ページにはペンやマーカーでかなりの書き込みや線引きなどがあっても、その書き込みや線引きによってテキストが読めないほどではない商品。

当店の場合、ガイドラインをもとにさらに情報を加えるようにしています

当店の場合、当然のことながらアマゾンのコンディションガイドラインのランク(「非常に良い」、「良い」等)を前提に状態表記を記述するようにしています。

加える情報~その1~
このガイドラインには、本につきものの「帯」や、今は殆ど見かけなくなっている「外函」には触れていません。
たとえユーズド書籍であっても、「帯付き」に対するこだわりのある購入者の方もおられます。ですから、注文前に帯の有無と状態を確認される方がおられます。
ただ、外函へのこだわりは殆どなく、今のお客様はもう「無用の長物」ととらえられているからかもしれません。

と言うことで、「帯」の有無や状態(ヤケ、スレ等)並びに「外函」の有無と外見の状態には必ず触れるようにしています。

加える情報~その2~
「耳折り跡(含む折れ筋)」、「シミ」、「角当て跡」等には必ず表記するようにしています。

1.「耳折り跡」は、2,3箇所であればさほど気になりませんが、やや厚めの用紙でしかも二桁以上の耳折り跡があれば、結構気になってしまうでしょう。出品作業の際、耳折り跡を元に戻しながら数をカウントします。「〇〇箇所に耳折り跡有り」と案内しています。
実はこの「耳折り跡」をもとに戻すって、数が多いとちょっと面倒な作業に感じてしまいます。
耳折りではなくページの中央辺りに縦の折れ筋をつける方もおられます。

また、本文ではなく表紙カバーの折り返し部分に斜めの折れ筋が有る場合が結構あります。カバーの前の折り返し部分の下部に斜めの折れ跡(〇cm位)有り」と表記しています。

2.埃が原因で本の天(本を立てて置いた時に上になる部分)部分に茶色い点状の汚れがついている場合ですね。勿論の本の天の部分だけでなく、小口の正面にシミのある場合もあります。
この仕事を10年以上やっていますが、お客様から「シミがあって汚い本だ」とのクレームはありません。ただ、きっちりと案内しているからかもしれませんが。

3.落下等によりページのスミに軽い斜めの折れ跡が多く出来てしまうことがあります。
個人的な感想を言えば、この「角当て跡」私は大嫌いです。私の場合、角当て跡のある本は余り購入意欲がわきません。

ただ、「角当て跡」のある場合、触れないわけにはいきませんから状態表記にあたっては、「書籍の状態に神経質なお客様はご購入をお控え下さい」と行け加えるようにしています。

加える情報~その4.~
表紙カバーの有無は当然なのですが、ヤケやヨレの状態なども触れておくのも必須でしょう。

頻繁に見かける訳では有りませんが、表カバーの折り返し部分を栞代わりにページの間に挟んであり、そのためカバーの山折部分に軽い膨らみ癖がついている場合があります。「前の折り返し部分の山折り部分に軽い膨らみ有り」と表記しています。

加える情報~その5.~
書き込みや線引きの有無、見落としは致命的です

1.~4.の情報は外見ですぐに判断できます。ところが書き込みは、全ページを目視する必要が有ります。
とても綺麗な外見なので、この本に「書き込み(線引き)」無かろうとの思い込みは禁物です。書き込みの有無と外見の相関関係は全く有りません。

この書き込みの見落としは評価にほぼ直結しています。お客様によっては「返品」につながります。
ネット通販で書籍を扱う時に、最も注意するべきポイントでしょう。扱う量が増えるにつれて、うっかりと見落としてしまいがちです。

当店の場合、出品前や発送前の再検品をしてもごくたまに見落としてしまい「返品リクエスト」の連絡を受けることもあります。状態をチェックすると大概は外見状態がとても良い場合です。
ただ留意するべきは書き込みの見落としであって、書き込みのある旨を案内してあれば価格とは関係なく、書き込み有りの書籍を購入される方が少なからずおられます。

但し、上記のアマゾンのコンディションガイドラインにあうような表記、つまり

半分以下のページに書き込みや線引きがある商品

では不十分と思っています。

以下に具体例を示します。

P.32~P.70の間の計6頁に黒ペン/頁当たり最大三行)の線引き有り。本文、経年変化による微ヤケ有り

具体的な分量を示しているようにしています。
この説明に該当するページの写真をアップロードしておけば、お客様にはより具体的に状態を理解して頂けます。

と言うことで、価格だけでなくより具体的な状態表記が購入決定のためのとても大事な要素であることを理解して頂ければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です