『ご冗談でしょう、ファインマンさん』には安定的な人気があります


販売終了価格(送料込み):650円
出品してから3日程度で買い手がつきました。

著者リチャード・フィリップス・ファインマン氏は、アメリカの物理学者。
Wikpediaによると、ノーベル賞も受賞しているし、世界中で人気の研究者のようだ。

経路積分や、素粒子の反応を図示化したファインマン・ダイアグラムの発案でも知られる。1965年、量子電磁力学の発展に大きく寄与したことにより、ジュリアン・S・シュウィンガーや朝永振一郎とともにノーベル物理学賞を共同受賞した。
カリフォルニア工科大学時代の講義内容をもとにした物理学の教科書『ファインマン物理学』は、世界中で高い評価を受けた。また、『ご冗談でしょう、ファインマンさん』などユーモラスな逸話集も好評を博している。生涯を通し、抜群の人気を誇っていた。

よく取り扱う『ご冗談でしょう、ファインマンさん』(上・下)はアマゾンマーケットプレイスで人気の書籍となっていて、出品してから数日以内に買い手がつきます。この人気度は、何年を経ても変わりません。

尤も、「岩波現代文庫」は定評ある著作を文庫本化する訳だから、当然のことと言えるかもしれない。
因みに「岩波現代文庫」に収められている著作は値崩れもあまりなく安定的な人気があるようです。


話は変わってコミック本に買い手がつきました。
販売終了価格(送料込み):683円
2週間程度で買い手がつきました。
正直のところ、この手のコミックについては全く知識がありません。カスタマーレビューを参照すると、五ツ星ばっかりです。
コアになるファンの方がおられるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です