お金のことや健康維持に関する実用書には人気があります

ここ最近、特に強調されはじめた「人生100年の時代」。なんでも100歳を超えた人をセンテナリアンと呼ぶそうである。そして、110歳以上の人たちは、特にスーパーセンテナリアンと言う呼称がついている。

私の亡父は104歳まで生きたが、数年前まではこの言葉すら知らなかった。
100歳を迎える年になったら、誕生日前に内閣総理大臣や県知事、市長さんなどからお祝いの記念品や金一封が届けられていました。ただ近年、我が国でもセンテナリアンが急速に増加しており、例えばお祝いの銀杯が「純銀製」から「メッキ」に変更になったようなことも小耳にはさみました。

今の時代「健康への関心」の高まりは目みはるものが有ります。特にインターネットテレビで各局の健康食品のCMについては、かなり過熱気味の印象すらあるのですが・・・
当店販売終了価格;986円
著者の新谷弘美は、医師であり研究者でもあり、著作も数多くあり、幅広い年齢層の読者を獲得しているようだ。特に『病気にならない生き方』シリーズは人気のようで、ユーズドの出品数も3ケタあり、人気を裏付けしています。

人気の秘密は、「正しい食習慣」や「規則正しい生活習慣」を守りましょう・・・が前提にあるからと思っています。という事で、私は「健康食品」にたよらないライフスタイルを守っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です